家が火の車!子供の習い事にかけれるお金がありません

恥ずかしながら、結婚するまでお金を貯めるという行為自体、意識して行ったことはありませんでした。

お金があればあるだけ使っている感じで貯金のちょの字も気にしていませんでしたね。ですから急にお金が必要になったときも財布にお金がなければ消費者金融でお金を借りてしのいでいる感じでした。

借金をして翌月返済して~また足りなくなったら借りて~って感じで((+_+))

ですが、結婚を機に、会社を退職し、専業主婦として生活が始まりました。
そこで気づいたことは、「お金は貯めようとしないと貯まらない」ということ。
勝手にお金が増えていくような独身生活とは異なるものでした。
そんなに派手な生活は送っていないのですが、食費・光熱費・家賃と、いわゆる生活費だけでこんなにお金がかかるものなんだと結婚してから知ったのです。
最初は必要なものを揃えないといけないからとそんなに貯金を意識することなく生活していましたが、数ヶ月経ったとき(生活も落ち着いてきた頃くらいです)に通帳を眺めてみて、全く貯金ができていない事実がありました。
まさかここまで増えていないとは。
そこから意識して貯金をしよう、という考えに切り替わりました。
まずは、近所の安いスーパーを見つけることからはじめました。
そして、スーパーのポイントカードを作ること。
たまにポイント2倍デーなどがあるのでその日にお買い物するように意識しています。
最近行っているのが週に1回しか食材を買いにいかないということ。
7日分の食料を買うのは難しいですが、基本的にお肉は冷凍するようにし、干物などの日持ちがある程度するようなものを購入したりしています。
スーパーに行く回数が多いと、どうしても余計なものを買ってしまうからです。
こうすることで食費が抑えられています。